ホイミンのひみつの小部屋

老犬介護はつらいです。でも、お世話した分だけ愛情が返ってくる!老犬のお世話で役立った知識を余すところなくお伝えします。

老犬が丸まって寝る!?身体をねじる理由を獣医さんに質問した

   

スポンサーリンク

 

あまのがわです。

 

さて、うちの老犬くりちゃん18歳。

足腰立たなくなり、介護生活しているのですが

最近特に気になることが。

毎日のように身体をグイッ、グイッとひねって丸まろうとするんです!

無理して丸くなろうとしているように見えて、

「お腹が痛いのかな・・・」

ととても心配になりました。

 

「あるいは寒いのかな??」

「寝心地が気に入らないのかな??」

丸まりすぎて、丸まりたい側にゴロンと倒れるようにもなってしまいました。

可愛そうですし気になったので、獣医さんに質問してきました。

 

 

■老犬が丸まって寝るのはなぜ?

獣医さんはこう言いました。

「若いワンちゃんなら、寒いと考えられますね」

たしかに、寒いと暖をとるために身体をぎゅっと丸めて寝ますよね。

つづけて獣医さんはこう話していました。

 

「この子の場合は、目が回っているからだと思います」

 

 

なんですと!!!???

うちの老犬くりちゃんには、10歳を過ぎた頃から軽い脳の病気がありました。

前庭疾患といって、目がまわってしまう病気です。

18歳になってからは、普通にしていても瞳がくるくる動いています。

前庭疾患があると、つねにめまいがしてしまうのですね。

 

「老犬の目が妙に動いている・・・」という人は、

もしかしたら脳の病気かもしれません。

獣医さんに診てもらってくださいね。

 

さて、この前庭疾患があると、つねに目が回っている状態です。

日によってめまいの度合いは変わるのですが

よく目が回っている日は、

目の回る方向へと身体をねじりたくなってしまうのですね。

人間でも、ぐるーーっとめまいがすると、視線が動く方向へ身体がかたむきますよね。

それと同じ状況が、うちの老犬に起こっていたのです。

めまいがある限り、身体を丸めようとする動作はおさまらないだろう、とのことでした。

 

 

★今日のお話しまとめ★

老犬が丸まって寝ようとする、起きていても丸まろうとするときは

①寒くないかどうか

を見てあげましょう。

老犬は皮膚も脂肪もうすいので、身体がすぐに冷えてしまいます。

毛布や湯たんぽを使って温めてあげてくださいね。

 

寒さが原因でない場合は

②目が回っている方向に丸まろうとしている

ことが考えられます。

目に動きがないかどうか見てあげてくださいね。

めまいはお薬を飲ませたり、注射で和らげることができます。

 

 

丸まろうとするワンちゃんを見ていると、「なんか苦しいのかな」と不安になる飼い主さんは多いと思います。

でもね、ワンちゃんは飼い主さんがよく見てくれて、心配してくれているだけで、

とっても幸せなはずです。

喋れるものなら

「いつもありがとーーー!」と言ってくれているはずですよ。

 

老犬介護は体力的にも精神的にもしんどいものです。

余力がゼロになってしまわないよう、のりこえていきましょうね。

 

 

■こちらもおすすめ

興奮して落ち着かない老犬。落ち着かせる方法を片っ端から試してみた

老犬の下痢が続く原因を獣医さんに聞きました。黒い便や血便、ゼリー状の理由も

食べない飲まない老犬・・そんな18歳の子がこれなら食べたよ!

スポンサーリンク

 - 老犬介護